ゼレンスキー大統領のコメディアン時代のピアノ芸動画!体張りすぎでヤバい!?

ゼレンスキー大統領のコメディアン時代のピアノ芸動画!体張りすぎでヤバい!?

ウクライナのゼレンスキー大統領は、元コメディアンです。

コメディアン時代のピアノ芸が体張りすぎと話題です。

ネットでは、「応援したくなる」というコメントがたくさん見られました。

ゼレンスキー大統領のコメディアン時代のピアノ芸の動画を紹介します!

目次

ゼレンスキー大統領のコメディアン時代のピアノ芸動画!

ウクライナのゼレンスキー大統領は、実は元コメディアンです。

話題になっているピアノ芸の動画がこちら!

なんとあそこでピアノを弾いているんですね!!

日本で言ったら、ビートたけしさんや明石家さんまさんが総理大臣になっているようなものでしょうか(笑)

スポンサーリンク

ゼレンスキー大統領のコメディアン時代のピアノ芸は体張りすぎでヤバい!?

ゼレンスキー大統領のコメディアン時代のピアノ芸は衝撃的でしたね(笑)

世間の感想を見てみましょう!

ゼレンスキー大統領のコメディアン時代の芸が「◯◯◯でピアノを弾く」だったことを知り、この人は絶対死なせてはならないと思った……

引用元:Twitter

不謹慎なんだけど、ウクライナのゼレンスキー大統領イケメンだなーと思って調べたら以前はコメディアンで持ちネタが「◯◯◯◯でピアノを弾く」と知って好感度爆上がったし、そんな彼が今戦場にとどまって「私はここにいる、国を守る」って自ら発信して戦ってるとか勇敢すぎる。彼を死なせてはいけない

引用元:Twitter

でもコメディアン時代のゼレンスキー氏が◯◯◯でピアノ演奏する動画見たあとだと『ゼレンスキー!!!死ぬな!!!生きろ!!!!』みたいな気持ちになってくるから人間難しいよな。◯◯◯でピアノ弾いてた人間に侵略戦争などというつまらない理由で死んでほしくない。生きろ。

引用元:Twitter

ゼレンスキー大統領のピアノ芸は、好みが分かれそうですが、多くの人から応援の声が寄せられています。

ゼレンスキー大統領には生きてほしいですね。

スポンサーリンク

ゼレンスキー大統領のコメディアンとしての経歴

ゼレンスキー大統領のコメディアンとしての経歴を見ていきましょう!

ゼレンスキー大統領の本名は、ウォロディミル・ゼレンスキー。

ゼレンスキーさんは、19歳の頃(1997年)、番組内でコメディ劇団「第95街区」(Студія Квартал-95)を結成しました。

台本の制作も手掛けるなど、若いながらも、番組の看板芸人になりました。

その後、2003年に「第95街区」を、コメディ映画・番組・舞台の制作会社へと再編。

ウクライナの大手テレビ局「Інтер」「1+1」などに番組を提供しました。

本格的に人気が爆発したのは、2006年、イギリスのダンス番組「ストリクトリー・カム・ダンシング」のウクライナ版です。

なんと、ゼレンスキーさんが出演した回は最大瞬間視聴率が87.57%という記録的な数字を達成している。

2008年には、ロシアのコメディ映画「Любовь в большом городе」に出演しました。

2012年には、ジャン=クロード・ヴァン・ダムが友情出演したことで話題になった、ウクライナ映画「ルジェフスキー対ナポレオン」でナポレオン役を演じています。

コメディアンとしても、かなりやり手だったようですね!

まとめ|ゼレンスキー大統領のコメディアン時代のピアノ芸動画!

ウクライナのゼレンスキー大統領のコメディアン時代のピアノ芸動画について紹介しました!

あそこでピアノを弾くという、なんとも大胆な芸なのが意外でしたね!

コメディアンとしてもかなり成功している方というのがわかりました。

世間では、「生きてほしい」「応援したくなった」と、肯定的に見る人が多いようでした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる