スポーツ

【乱闘動画】「もう一発」ヤジを飛ばしたのは誰で特定?広島ベンチ?

【乱闘動画】「もう一発」ヤジを飛ばしたのは誰で特定?広島ベンチ?

2020年10月3日のヤクルトvs広島で、青木宣親外野手が支給を受け、乱闘騒ぎが起きました。

乱闘のきっかけとなったのは、「もう一発」というヤジ。

青木宣親さんにヤジを飛ばしたのは誰か特定されているのでしょうか。

「もう一発」とヤジを飛ばして乱闘になった瞬間の動画

Twitterに「もう一発」とヤジを飛ばした後に乱闘になった瞬間の動画を載せている人がいました。

よく聞いていると、高津監督が「もう一発じゃないだろ―!!」とマスクを外して叫んでいるのがわかります。


死球が当たった瞬間はものすごく痛そうで、見ているのがつらくなります。

スポンサーリンク

「もう一発」ヤジを飛ばしたのは誰で特定?

乱闘騒ぎが起きたのは、2020年10月3日のヤクルト対広島戦です。

青木宣親さんは左足のふくらはぎに死球を受けた際、「もう一発」とヤジが飛んできたことが原因です。

【その時の状況】

  • 8回
  • バッター:青木宣親(ヤクルト)
  • ピッチャー:菊池保(広島)

青木宣親さんは、抱えられながら途中交代となりました。

そんな中、「もう一発」とヤジを飛ばすのは、普通の神経じゃないですよね。

「もう一発」と言ったのが誰なのか気になります。

スポンサーリンク

「もう一発」と言ったのは広島カープの選手?

「もう一発」というヤジは、広島のベンチから飛んできています。

ということは、広島の選手の可能性もあります。

また、「もう一発」という声の後に、審判や山田さんの視線が広島ベンチに向かったという情報が多数あります。

さらに、日刊スポーツが「広島ベンチからヤジが飛んだ」と報じています。

その後、広島ベンチから「(死球を)もう1発」などとやじが飛び、ヤクルトベンチが反応。

引用元:日刊スポーツ

これらの理由から、「もう一発」とヤジを飛ばしたのは、広島ベンチの可能性が高いです。

広島ベンチだとしたら、選手か首脳陣ですね。

スポンサーリンク

ネットの反応|【乱闘動画】「もう一発」ヤジを飛ばしたのは誰で特定?広島ベンチ?

ネットの反応をまとめました!


スポンサーリンク

まとめ|【乱闘動画】「もう一発」ヤジを飛ばしたのは誰で特定?広島ベンチ?

2020年10月3日のヤクルトVS広島で、「もう一発」とヤジを飛ばしたのは、広島ベンチにいた誰かの可能性が高いです。

現時点では、言った人は特定されていません。

もし広島の選手や首脳陣が「死球をもう一度」という意味で言ったのだとしたら、何らかの処罰を与えてほしいですよね。