ドラマ

『私たちはどうかしている』キャスト・出演者や相関図まとめ!あらすじも【横浜流星・浜辺美波主演ドラマ】

『私たちはどうかしている』キャスト・出演者や相関図まとめ!あらすじも【横浜流星・浜辺美波主演ドラマ】

安藤なつみさん原作の少女漫画『私たちはどうかしている』(講談社「BE・LOVE」掲載)がテレビドラマ化されることが決定しました。

浜辺美波さんと横浜流星さんのダブル主演で、2020年7月から日本テレビで放送されるとのことです!

『私たちはどうかしている』は、少女漫画でもあり、本格的なミステリーでもあります。

ドキドキする展開のストーリーをドラマでも見られるなんて、うれしいですね。

しかも、大ヒットドラマ『あなたの番です』のスタッフが再び集結して、このドラマ『私たちはどうかしている』を作るとのこと!

これは期待大ですね。

この記事では、ドラマ『私たちはどうかしている』のキャスト・出演者や相関図、あらすじをまとめます!

ドラマが始まる前に、気になることをチェックしましょう!

『私たちはどうかしている』キャスト・出演者まとめ!【横浜流星・浜辺美波主演ドラマ】

『私たちはどうかしている』は、老舗和菓子屋を舞台にした少女漫画かつ本格ミステリーです。

原作マンガの絵はこちらです。

左が横浜流星さんが演じる高月 椿(たかつき つばき)、右が浜辺美波さんが演じる花岡 七桜(はなおか なお)です。

私たちはどうかしている(1) (BE LOVE KC) [ 安藤 なつみ ]

ドラマ『私たちはどうかしている』のキャスト・出演者をまとめました!

スポンサーリンク

花岡 七桜|浜辺 美波

 

この投稿をInstagramで見る

 

サポートオブ浜辺美波🌸Instaglam(@minami372hamabe)がシェアした投稿

役どころ

浜辺美波さんが演じる花岡七桜は、和菓子職人です。

芯のある強い女性です。

殺人容疑をかけられて逮捕されてしまった母の無実を証明するために、椿との結婚を利用して、老舗和菓子屋「光月庵」に乗り込みます。

浜辺美波さんの凛とした雰囲気が七桜にぴったりだと思います。

浜辺美波さんは振袖のコマーシャルに出ているからか、着物が似合う女性という印象です。

母親が殺人容疑で逮捕されてしまった経験を持つという、難しい心情をどう演じてくれるのかが楽しみです。

浜辺美波のコメント

今回のお話しをいただいてはじめて原作を読んだのですが、少女漫画でもあり、本格的なミステリーでもあるというすごく異色なストーリーに加え、椿と七桜の関係の変化や展開の目まぐるしさに、何度も衝撃を受け一気に読みすすめてしまいました! わたしが演じる七桜は、常に複雑で切ない思いと葛藤しながら椿と、そして和菓子と、向き合う女性です。亡き母への想い、和菓子への想い、そして椿への想い、たくさんの想いを重ねる七桜の気持ちを想像して誰よりも理解してあげられるよう寄り添いたいと思います。横浜さん演じる椿をはじめ、監督、スタッフ、キャストでどんな「私たちはどうかしている」のドラマの世界ができあがるのかいまからすごく楽しみです。わたしにとって、挑戦となるシーンもたくさんあるので、丁寧に、激しくそして豊かに作りあげていけたらなと思います。

引用元:Yahoo!ニュース

浜辺美波のプロフィール
名前 浜辺美波(はまべみなみ)
生年月日 2000年8月29日
出身 石川県
事務所 東宝芸能
血液型 B型
スポンサーリンク

高月 椿|横浜 流星

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mi Ko(@mi438ko)がシェアした投稿

役どころ

横浜流星さんが演じる高月椿は、老舗和菓子屋「光月庵」の跡取り息子です。

父親を殺されてしまった後、「光月庵」を立て直そうとしています。

和菓子への情熱が人一倍強いです。

七桜とは幼なじみという関係ですが、15年ぶりの再会で七桜に気付かずプロポーズしました。

高月椿は、15年後に七桜と再会したとき、冷たい人間だなと私は思いました。

でも、和菓子にかける情熱は人一倍。

横浜流星さんの高い演技力なら、椿の繊細さをていねいに表現してくれそうですね。

横浜流星さんは目の演技に定評があります。

詳しくはこちらの記事に書いています。

横浜流星は目の演技がうまい!アクションもすごくてイケメン過ぎる!

横浜流星は目の演技がうまい!
横浜流星は目の演技がうまい!アクションもすごくてイケメン過ぎる!「横浜流星さんの目の演技がうまい!」と評判になっています。 横浜流星さんは、時にやさしく、時に鋭く、視線一つで細やかな表情を演じ分...
横浜流星のコメント

この度、老舗和菓子屋「光月庵」の一人息子・高月椿を演じることになりました。椿は、亡き父を尊敬していて父の言葉を信じ、光月庵を大切に思い、立て直そうと信念を貫き、奮闘するカッコ良い男です。そんな椿を演じさせていただくことにプレッシャーを感じていますが、みなさんの期待に応えられるように、椿と向き合い、光月庵や和菓子に対する情熱や想い、孤独さや苦悩を繊細に演じられればと思います。父が亡くなったことがきっかけで生まれた七桜(さくら)との歪な関係も物語の魅力的な部分だと思っています。“どうかしている”2人が行き着く先を、ハラハラドキドキしながら毎週楽しみにしていただけると嬉しいです。また、和菓子作りも始めました。繊細な作業で難しいですが、とても楽しいです。少しでも多くの方に和菓子の魅力も伝えることができれば良いなと思っています。お楽しみに!!

引用元:Yahoo!ニュース

 

横浜流星のプロフィール
名前 横浜流星(よこはまりゅうせい)
生年月日 1996年9月16日
出身 神奈川県横浜市
事務所 スターダストプロモーション
血液型 O型
スポンサーリンク

他のキャスト・出演者

2020年3月24日現在でわかっている出演者は、浜辺美波さんと横浜流星さんだけです。

追加情報が出たら、更新していきますね。

参考までに『私たちはどうかしている』の登場人物をまとめました。

  • 七桜(幼少時代)
  • 椿(幼少時代)
  • 大倉 百合子(おおくら ゆりこ)|七桜の母
  • 高月 宗寿朗(たかつき そうじゅろう)|光月庵の大旦那
  • 高月 樹(たかつき いつき)|椿の父
  • 高月 今日子(たかつき きょうこ)|椿の母
  • 多喜川 薫(たきがわ かおる)
  • 夕子(ゆうこ)
  • 城島 裕介(じょうじま ゆうすけ)
  • 栞(しおり)|椿の元婚約者
  • 長谷 由香莉(はせ ゆかり)|栞の姉
  • 緑川 明子(みどりかわ あきこ)
  • 白藤 慶一郎(しらふじ けいいちろう)
  • 芥田 茂(あくた しげる)
  • 城島 昭子(じょうじま あきこ)
  • 山口(やまぐち)
  • 音羽百貨店の松原さん(まつばらさん)
  • 富岡(とみおか)
  • 高橋(たかはし)
  • 溝口会議員
スポンサーリンク

『私たちはどうかしている』の相関図

相関図についても、わかり次第追記します。

『私たちはどうかしている』キャスト・出演者や相関図まとめ!あらすじも【横浜流星・浜辺美波主演ドラマ】

スポンサーリンク

『私たちはどうかしている』のあらすじ

『私たちはどうかしている』のあらすじはこちらです。

花岡七桜は母子家庭で育ち、5歳のころから、和菓子職人の母が働いている老舗和菓子屋「光月庵」に母と二人で住み込みで働いていました。

そんな七桜は、「光月庵」の跡取り息子・高月椿に恋心を抱いていました。

しかし、ある日、椿の父が殺されてしまい、七桜の母が殺人容疑で逮捕されてしまうのです。

そのことで、七桜の生活は大きく変わってしまい、「光月庵」を追い出されてしまいました。

15年後に椿と再会するのですが、椿は七桜のことに気づきません。

一方、七桜は母に殺人容疑がかけられたことに強い怒りを感じていたので、椿のことを忘れたことはありませんでした。

すると、椿は七桜のことに気付かないまま、プロポーズしてきました。

七桜は、母の殺人容疑の無実を証明するために、椿との結婚を利用して「光月庵」に乗り込むことに決めました。

椿の父の死がきっかけで、ドロドロの愛憎劇へと発展していきます。

椿と七桜の関係がどう変わっていくかにも注目です。

特にキスシーンが話題になりそうですね。

マンガ『私たちはどうかしている』は、U-NEXTで配信されています。

U-NEXTなら、無料で31日間マンガを読んだり、ドラマを見たりすることができます。(期間内の解約なら、一切料金がかかりません。)

今なら600円分のポイントも付くので、『私たちはどうかしている』を1冊無料で読むことができますよ!

スマホで手軽に見られるので、読みたくなったときに読めるのも魅力です。

U-NEXTの登録はこちらからできます。

 

\ドラマ前に無料で1冊分を予習しよう/

【U-NEXT】私たちはどうかしている 

 

スポンサーリンク

『私たちはどうかしている』ドラマ化|ネットの反応


さいごに

ドラマ『私たちはどうかしている』は、浜辺美波さんと横浜流星さんのW主演です。

今話題の二人が主演なので、話題になること間違いなしですね!

主人公たちの関係の変化やストーリー展開にも注目です。

 

ドラマ『私たちはどうかしている』は、2020年7月スタートで、日本テレビ系列で放送されます!

今から楽しみですね。

ドラマ名 『私たちはどうかしている』
原作 安藤 なつみ『私たちはどうかしている』
(講談社「BE・LOVE」連載
脚本 衛藤 凛
音楽 出羽 良彰
演出 小室 直子、猪股 隆一
チーフプロデューサー 西 憲彦
プロデューサー 鈴間 広枝、松山 政則
制作協力 トータルメディアコミュニケーション
放送局 日本テレビ