ドラマ

【シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。】第1話ネタバレと疑問点!感想も紹介!

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。第1話あらすじ・ネタバレ

ドラマ「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。」の第一話ネタバレの記事です。

また、全話の視聴率やキャスト一覧記事も併せてお楽しみくださいね!

この記事はネタバレを含みますので、見たくない方はココまでにしてくださいね!

 

「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。」の第1話を見たい場合は、Huluで見られます。

2週間無料サービスでお得にみられます!

シロクロパンダの第1話をもう一度見る

日テレドラマ

「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。」第1話のあらすじネタバレ!

ミスパンダ(清野菜名)がうっすらと目を開けるところから始まる。

すると、ぼんやりと男性(横浜流星のシルエット)の姿が写っている。

国会議員・上坂議員とのバトル

国会議員の上坂議員の不正を暴き、シロクロつけるミスパンダ。

そのやりとりは、パンダチャンネルで、生配信されている。

ミスパンダのアクションシーンが華麗に繰り広げられる。

 

森嶋直輝(横浜流星)によるパンダの説明。

パンダは、気性が荒い一面もあり、その肉体には非常に強力がパワーが秘められているという。

スポンサーリンク

全日テレビにて

森嶋直輝(横浜流星)は、恋人の全日テレビ記者・佐島あずさの依頼で、テレビ出演をする。

出演が終わって、森嶋(横浜流星)と佐島が廊下を歩いていると、IT社長の江本達郎(和田正人)がひたすら謝っているところを目撃する。

現在、江本の会社のある事件が炎上しているとのこと。

江本の部下・横山愛菜が顔に包帯をぐるぐる巻きにして、「本当に申し訳ありませんでした。」と言って謝っている動画を公開したあとに、自殺したのだ。

とあるビルにて

Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)と森嶋直輝(横浜流星)が二人で話している。

Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)が「今回の依頼はこちらです。」と、タブレットで「IT社長の部下・横山愛菜が包帯ぐるぐる巻きにして謝罪している動画」を見せる。

それに、森嶋直輝(横浜流星)は、「これは自殺ということになっているのでは?」と聞く。

本当は自殺ではないということ。

「あなたがシロクロつけてください。」

「承知しました。Mr.ノーコンプライアンス。」

スポンサーリンク

全日テレビにて

テレビ番組の打ち合わせをしている。

「包帯ぐるぐる動画は数字がとれるんだよ!」とディレクターの神代一樹(要潤)が言うが、CPの飯田兼一が反対する。

亡くなった横山愛菜は、整形したという噂で、整形した病院がスポンサーの「花咲形成外科クリニック」だということ。

スポンサーのことを考慮して、放送できないというのだ。

神代一樹(要潤)は、花咲形成外科クリニックの院長が医療ミスをしたのではないかと疑う。

森嶋直輝の自宅にて

森嶋直輝(横浜流星)がペンダントを握りしめる。すると、土の中にどくろがいる様子が頭に思い浮かぶ。

すると、苦しそうな顔をして、壁に向かってパンチする。

スポンサーリンク

川田レンの自宅にて

川田レン(清野菜名)が幼い頃の夢を見て、飛び起きる。

部屋にある家族写真には、母と子供2人が写っているが、子供一人が黒塗りにされている。

東京誠立大学にて

森嶋直輝(横浜流星)が大学で講義を受けている。

森嶋の指導教官である、門田明宏(山崎樹範)がこう話す。「催眠状態を利用して別の人格を組み込むこともできる。みんなは絶対にやっちゃだめだよ。」

 

門田明宏(山崎樹範)は精神科の医師で、川田レン(清野菜名)の主治医でもある。

受診が終わった川田レン(清野菜名)は、森嶋直輝(横浜流星)と大学でばったり会う。

川田レン(清野菜名)は、森嶋直輝(横浜流星)に、パンケーキをごちそうになったお礼をする。

神代が花咲形成外科クリニックに突撃

花咲形成外科クリニックの委員長を直撃する。

「あの手術は成功したんですか?」という質問に対して、「失敗するはずがない。二度とここに来るな」と怒る。

スポンサーリンク

囲碁喫茶GOBANにて

パンダのお面を被った女子中学生が登場する。

それは、囲碁棋士の東山楓だった。東山楓は、川田レン(清野菜名)にこう言い放つ。

「あんたのいかさま!私がシロクロつけてやる!」

これは、ミスパンダの真似だった。ドキッとする川田レン(清野菜名)。

パンケーキ店にて

パンケーキを食べに行く森嶋直輝(横浜流星)と川田レン(清野菜名)

川田レン(清野菜名)は、森嶋(横浜流星)と会うと、ドキドキするからか、「家に帰ってもよく覚えてないんだよね。」と言う。

「緊張しないでもっとリラックスしてよ。」という森嶋直輝(横浜流星)

森嶋(横浜流星)がパンケーキにシロップをかけているのを見ると、次第に川田レン(清野菜名)は、催眠状態に。

ミスパンダになる。

森嶋「さぁ、ミスパンダ、出番だよ。」

ミスパンダ「待ちくたびれたよ、飼育員さん。」

スポンサーリンク

亡くなった横山愛菜の葬儀場

全日テレビのディレクター・神代一樹(要潤)が葬儀場に行き、調査を試みる。

すると、喪服姿のミスパンダが現れる。

全員の前で、「安心して!私がシロクロつけるから!」と言い放つ。

すると、動画を放映。

写っていたのは、横山愛菜が勤務していた会社だった。

ここが愛菜さんが飛び降りた窓!

そこで「パンダクイズ」が始まる。真相を暴くために、ミスパンダが何をするか?というもの。

愛菜さんが飛び降りた窓と違う窓から飛び降りた。

 

包帯ぐるぐる巻きになった愛菜が映される。

愛菜は包帯を取る。

「愛菜さんは自殺する理由なんてなかった。では、なんで自殺したんでしょうか。」の文字が。

「まさか、殺された?」と神代一樹(要潤)がつぶやく。

誰もいないオフィス

夜の誰もいないオフィスに現れるIT社長の江本達郎(和田正人)。

動画にトロフィーが写るたびに、そわそわしていたという江本(和田正人)。

森嶋直輝(横浜流星)に襲い掛かろうとするも、失敗し、気を失わされる。

スポンサーリンク

どこかの病院

目を覚ます江本(和田正人)。手術台の上に固定されている。

そこにやってきたのは、ミスパンダ。しかも動画を生配信している。

「これよりシロクロ摘出手術を始める。その前に、まずはこちらをご覧ください。」

再び愛菜さんが映る。

「整形してこんなにきれいになりました。花咲委員長ありがとうございました。」

葬儀で放送した動画の続きには、実は続きがあった。

江本(和田正人)は、毎日横山愛菜にセクハラをしていたのだった。

「化粧が濃い」などと言って、愛菜の体を触っていた。

江本(和田正人)は、愛菜のことを愛していて、ほかの男性に触れられたくないからそのような行動をしていたとのこと。

愛菜は、整形し、告発動画を撮ったと江本(和田正人)に伝える。

すると、江本(和田正人)は、「こんなの愛菜じゃない」と言って、トロフィーで愛菜に殴りかかる。窓の近くに行き、愛菜を殴ると、愛菜は窓から落ちてしまった。

 

江本の会社の女性社員は、江本に言われて、愛菜の動画を自殺のように見せかけて編集して公開したということだった。

 

ミスパンダの耳に「ここから出して」という子供の声が聞こえる。

メスを振り上げて、江本(和田正人)を刺そうとするところで、動画配信は終了。

江本を刺す寸前で森嶋直輝(横浜流星)がミスパンダを止める。

ミスパンダを抱きしめる森嶋直輝(横浜流星)。

「君と僕は同じ模様なのかもしれない。」

Mr.ノーコンプライアンスの豪華な部屋

電話でやりとりする、森嶋直輝(横浜流星)とMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)。

「大臣、そろそろお時間です。」と呼ばれる。

Mr.ノーコンプライアンスの正体は、「法務大臣・佐島源造」だった。

川田レンの自宅にて

「んーよく寝た」と起きる川田レン(清野菜名)。

どうやって帰ってきたのかも、何をしていたのかも覚えていない川田レン(清野菜名)。

しかも、腕にはあざができている。

森嶋直輝の自宅にて

森嶋直輝の父・森嶋哲也(田中圭)は、森嶋が高校生の頃、亡くなっていた。

パンダのぬいぐるみに隠されていたUSBに入っていた動画の中には、コアラ男が女子高校生を誘拐して「1憶円用意しろ」と脅している動画が入っていた。

川田レンの母・川田麻衣子の病院にて

母(山口紗弥加)のお見舞いに来た川田レン(清野菜名)。

飾ってあった家族写真は、向かって左側に写っている子供が黒塗りにされていた。

「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。」第1話を終えて|疑問点

森嶋直輝(横浜流星)が自宅にいるときに、頭に思い浮かんだ土に埋もれたガイコツは、森嶋のお父さん(田中圭)で間違いなさそうですね。

森嶋の父・森嶋哲也が演じる役者は、公式ホームページで「??」になっていたので、田中圭さんが出てきたときは、驚きました。

 

第1話を終えて、疑問に残った点は、

  1. なぜ森嶋直輝は、川田レンを飼育してミスパンダにしているのか
  2. 森嶋直輝の父・森嶋哲也は何者なのか
  3. 森嶋哲也はなぜ死んだのか
  4. 過去、川田レン親子に何が起きたのか
  5. 黒塗りされた写真の真相は何か
  6. Mr.ノーコンプライアンスは何者なのか
  7. コアラ男は何者なのか
  8. コアラ男の誘拐事件とは

何話でこれらの伏線が回収されるのか、これから予想していきます!

「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。」第1話の感想

ここでは、世間の感想を紹介します。

横浜流星さんが壁を殴るシーンやミスパンダをハグするシーンが一番話題になっていました!

田中圭さんのサプライズ出演に喜ぶ声もたくさんありました!

https://twitter.com/hs019152/status/1216392767250649088?s=20

https://twitter.com/starryu16/status/1216391842997997573?s=20

さいごに

第2話は、1月19日(日)22:30~放送です。

 

「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。」の第1話を見たい場合は、Huluで見られます。

2週間無料サービスでお得にみられます!

シロクロパンダの第1話をもう一度見る

日テレドラマ
シロクロパンダ・2話ゲストは中尾暢樹!あらすじネタバレ
【ドラマ・シロクロパンダ】第2話あらすじ・ネタバレ!ゲストは中尾暢樹!センター試験の日に不正入学の話清野菜名と横浜流星がダブル主演を務めるドラマ「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。」の第2話のあらすじとネタバレをまとめます! ...
シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。の清野菜名の髪型がかわいい!オーダー方法やセットの仕方
「シロクロパンダ」清野菜名の髪型がかわいい!ボブのオーダーの仕方やセットのやり方は?ドラマ「シロでもクロでもない世界でパンダは笑う。」の主演を務める清野菜名さんの髪型が可愛いです! 清野菜名さんのボブスタイルは、品...