暮らし

シンボルツリーにぴったりなオリーブの木。ガーデニング歴10年の私がその理由を5つ紹介!

こんにちは!ゆみです。ガーデニング歴10年、小さなお庭で手間のかからないガーデニングをしています。

 

お庭づくりをする上で、最初に植えたいのが「シンボルツリー」です。

シンボルツリーとは?

その名の通り「家のシンボル」となる樹木のことです。

シンボルツリーは、家を引き立てるほか、プライバシーの保全日よけなどの役割もあります。

ほかにも、シンボルツリーには、「記念樹」としての意味もあります。

シンボルツリーに向いている樹木はたくさんありますが、その中でもガーデニング歴10年の私がおすすめしたいのは「オリーブ」です。

背が高くなりすぎないので、小さい庭にも植えることができるのもうれしいです。

この記事では、オリーブの植え方や酒類、価格などについて紹介します。

シンボルツリーをこれから植えたいという人は必見です。

シンボルツリーにオリーブの木を勧める理由5つ

オリーブの木がシンボルツリーに向いている理由は、オリーブの木の特徴にあります。

オリーブはどんな木なのかくわしくまとめますね。

  • 常緑樹である
  • 大きくなりすぎない
  • 乾燥や冬の寒さに強い
  • 樹形が美しい
  • 花がつき、果実がなる

この5つの特徴について、さらに詳しく見ていきましょう。

シンボルツリーにぴったりのオリーブの木は、常緑樹

オリーブは、常緑樹なので、一年中緑の葉をつけています。

玄関前やリビング前に植えることで、外からの視界を遮ることができます

そのため、プライバシーを守る効果が期待できます。住宅地の中に家がある場合や、人通りの多り通りに面していている場合は、オリーブの木が役立つこと間違いなしです。

フェンスなどの人工物を建てるのもいいですが、オリーブの木を植えるとナチュラルな雰囲気で癒されますよ。

シンボルツリーにぴったりのオリーブの木は、大きくなりすぎない

オリーブの木は、大きくなりすぎないのも魅力です。

本来は7~8mになるような木ですが、生育が緩やかなので、剪定で高さを抑えることができます。

わが家でも庭で育てていますが、5年目で2m程度です。

高さを1mくらいに抑えたい場合は、鉢植えで育てることもできます

シンボルツリーにぴったりのオリーブの木は、乾燥や冬の寒さに強い

オリーブの木は元々地中海地方の植物です。そのため、乾燥に強いのが特徴です。

また、寒さにも強くかなり育てやすい植物です。植物の中には、冬の霜や雪で枯れてしまうものも。オリーブは、その心配がありません。

ガーデニング初心者の人でも、手間いらずで簡単に育てることができます

シンボルツリーにぴったりのオリーブの木は、樹形が美しい

オリーブの葉っぱは細長く、シルバーがかった緑色をしています。最近では、花材として用いられることも増えてきました。

樹形はスッとしていて美しく、おしゃれな雰囲気です。

シンボルツリーとしてオリーブの木を植えることで、お庭のおしゃれ度がワンランクアップします。

シンボルツリーにぴったりのオリーブの木は、花がつき、果実がなる

オリーブは、5~6月ごろ白い花が咲き、そのあと果実がなります。

常緑樹ですが、花や果実で季節感を味わえるのがうれしいですね。

ただし、オリーブは1本では果実ができません。果実を見たいのなら、違う品種を複数本植える必要があります。

わが家のシンボルツリーであるオリーブの木も紹介

わが家も実際にオリーブを育てています。

娘の誕生の記念樹として役所からいただきました。最初はひょろひょろで、「え?これ?」と思わず言ったほど。枝は2本しかありませんでした。

植えてから少し成長した姿がこちら。

ですが、本などにある通り、オリーブはとても育てやすく、植えっぱなしでもスクスク育ってくれています

娘の成長とともに、オリーブも成長していくので、感慨深いです。

今はすっかり枝の数が増えました。

「シンボルツリー」は、こんな風に「家のシンボル」としてだけではなく、「記念樹」としての意味もあります。特に、お子さんの誕生記念として植えると、時間の積み重ねを感じることができるのでおすすめですよ。

シンボルツリーにぴったりなオリーブの木、まとめ

オリーブの木はかなり育てやすいので、ガーデニング初心者の人でも育てやすいです。

玄関やリビングの前に植えて、目隠しとしても使うことができるのもうれしいですね。

近年、とても人気があるので、どこの園芸店でも取り扱いがあります。

ぜひお庭にオリーブの木を植えてみてくださいね。