暮らし

岩田健太郎の会見まとめ!動画を削除した理由は?日本語の要約まとめ

神戸大学医学研究科感染症内科教授の岩田健太郎さんがクルーズ船の内部を告発した動画が話題になりましたが、その動画は削除されてしまいました。

そして、岩田教授は2月20日に、日本外国特派員協会(FCCJ)で会見を開きました。

自身が感染している恐れがあるとのことで、岩田教授は別の場所にいて、中継でつないでの会見になりました。

岩田健太郎の会見まとめ!動画を削除した理由は?圧力?デマ?

【クルーズ船】岩田健太郎の動画の内容まとめ!削除した理由は圧力?デマ?

動画は、2月19日の早朝にアップされて、2月20日の朝に削除されてしまいました。

実質1日だけの公開でした。

2月20日に、岩田健太郎さんは記者会見を開き、記者からの質問に答えました。

質問と回答はすべて英語で行われて、日本語で質問した記者が「英語で」と注意される一幕も。

 

その会見によると、岩田健太郎さんが動画を削除した理由は、こちらです。

船内の感染管理の環境が大きく改善されたと聞いている。

検疫の経過についての情報も公開され、私が投稿した動画の役割は達成された。

 

国立感染症研究所が2月19日に、「現場からの概況:ダイアモンドプリンセス号におけるCOVID-19症例」を発表しました。

そこで、表やグラフを用いて、クルーズ船内の状況を説明しています。

スポンサーリンク

岩田健太郎の会見|日本語の要約まとめ

Q.なぜ動画を削除したのか。

日本語版、英語版ともに、動画が十分に見られた。

現在は、船内の感染管理の環境が大きく改善されたと聞いている。

動画を投稿した後、検疫の経過についての情報も公開され、私が投稿した動画の役割は達成された。

Q.クルーズ船の状況

ダイヤモンド・プリンセス号は、感染拡大を防ぐための管理が十分ではなかった。

2日前の船内はカオス状態で、ひどいものだった。感染予防手段としては最悪だった。

14日間も十分な感染対策をせず、感染が拡大した。

 

クルーズ船で2人死亡したことに関しては、高齢者が多かったので、可能性はあると思っていた。驚かない。

岩田健太郎の会見動画