芸能人

フジモンと優樹菜は偽装離婚?収入ゼロの危機でヤバイ!夫のイメージ回復ねらいか

2019年12月31日に、お笑いコンビFUJIWARAのフジモンこと藤本敏史さんと、「タピオカ騒動」で活動休止中の木下優樹菜さんが離婚を正式に発表しました。

木下優樹菜さんのせいで、フジモンの仕事にも影響が出る可能性があり、収入がなくなってしまうのでは?と心配になります。

そのため、世間では「二人は偽装離婚なのでは?」と密かに言われています。

偽装離婚して、夫のフジモンの信用を回復して稼ぎ、頃合いを見計らって復縁を考えているのでは?ということです。

今回はその真相を探ります。

フジモンと優樹菜は偽装離婚?

「偽装離婚」と言われる原因は、やっぱり木下優樹菜さんの「タピオカ騒動」にあります。

優樹菜がタピオカ騒動を起こしたせいで、夫のフジモンにも影響が…。

 

どうにか収入を確保するために、偽装離婚したのではないかと考えられています。

フジモンと優樹菜は収入ゼロの危機

お笑い関係者によると、フジモンはこんなふうに話していたそうです。

彼は『嫁のせいでオレも芸能界追放や』『損害賠償でスッテンテンになるかも』などと、妻が起こした騒動による大ダメージを憂いている。もっとも、最近はチュートリアル・徳井義実の『申告漏れ問題』のおかげで、世間が木下の騒動を忘れつつあることに希望を見いだしているようなのですが…

引用元:@niftyニュース

本当にフジモンまで芸能界追放となったら、収入ゼロの危機。

二人も子供がいて、生活してくのが大変なのは、確実ですよね。

実質、優樹菜は追放されたような感じですもんね。

優樹菜の所属事務所はカンカンだそうです。

今回の騒動は『著しく事務所の名誉を損なう行為』と見なされており、彼女の所属事務所の育ての親とも言える人物をはじめ、幹部陣が激怒しています。

引用元:@niftyニュース

「事務所総出で」と恫喝したことが問題となっています。

こんな書き方では、日頃から事務所が恫喝まがいの行為に加担していると誤解されかねない。そもそも個人的なトラブルに事務所を持ち出すのは筋違いですから、事務所が激怒するのも当然の話。謝り倒して、なんとかクビは免れたものの、今後新規の仕事をすることは難しく、事務所移籍は避けられないとの見方が強まっているんですよ。

引用元:@niftyニュース

優樹菜の芸能界復帰は、当面なさそうです。

そうなると、藤原家はフジモンの収入だけが頼りなはず。

偽装離婚して、フジモンのイメージ回復を狙った?

優樹菜と夫婦のままでは、フジモンの印象も悪いままです。

芸能界で一度信用を失うと仕事も激減しています。

偽装離婚することで、夫のフジモンのイメージ回復を狙ったのでは?と予想されています。

そうすれば、仕事が激減せずに、収入を確保できますもんね!

 

世間でも「フジモンと木下優樹菜なら、偽装離婚もありえる」という声が多いです。


スポンサーリンク

フジモンと木下優樹菜が偽装離婚するメリット

離婚したときに、こんなに「偽装離婚じゃないか!?」って言われる芸能人夫婦っていまだかつていないですよね。

フジモンと優樹菜が偽装離婚するメリットを考えました。

そもそも偽装離婚とは

事実上の夫婦であるにも関わらず、離婚届を出し、あたかも離婚しているかのように振る舞い、他人の目をあざむく行為です。

偽装離婚自体は犯罪ではないですが、虚偽の事実を申告して利益を得ると、違法性が出てくることもあります。

メリットその1、フジモンの仕事を得やすくする

木下優樹菜さんの影響がフジモンの仕事に影響しているのは、間違いありません。

優樹菜と離婚すれば、フジモンのイメージが回復して、芸能界から干されなくて済みます。

2019年11月2日に放送された『FNS27時間テレビ』内の生放送『さんまのお笑い向上委員会』で、爆笑問題の太田光がフジモンにをイジろうとしました。

するとすかさず、さんまが「言うたらあかんねん」と止めたということがありました。

https://twitter.com/kaimeinishimoto/status/1206910552372473856?s=20

さんまさんでもイジれないって、今のフジモンの状況やばいですよね。

メリットその2、優樹菜が復帰しやすくなる

子供の親権は木下優樹菜さんが持つことになります。

離婚を理由に「シンママ枠」を狙って、芸能界に復活するチャンスも出てきます。

木下優樹菜さんが芸能界に復帰できれば、収入も得られて子供達を養っていくことができますもんね。

スポンサーリンク

フジモンと優樹菜は偽装離婚?まとめ

世間の反応は、フジモンと優樹菜の離婚は「偽装離婚」では?という声が多いです。

真相は分かりませんが、お互いの今後のことを考えた上での結論だったのでしょう。

ほとぼりが冷めた頃に「復縁」なんてことになったら、また叩かれるんでしょうねw